自分にあったトランクルームの探し方

トランクルームは収納する物により、タイプを決めることが大切です。空調管理の要・不要、大きさや重量、材質や保管期間によっても異なります。個人が利用する場合には、趣味の道具や楽器、捨てられない思い出の品、引っ越しやリフォームための一時保管などが多く、一時保管については屋内コンテナボックス利用、趣味のものなどは空調設備の完備したルームタイプの利用が多いようです。最近では特にデリケートなピアノやエレクトーンなどの専用ルームを完備しているところも多いため、安心して収納しておくことができるようになりました。出し入れの頻度は少なくても大切に保管しておきたいために利用することが目的なので、収納するものに合った保管方法を考えなければなりません。最近ではコーディネーターが常駐しているところも多いため、利用用途に最適な探し方を教えてもらうこともできます。

トランクルームのおすすめの活用方法

家の中に置いておくと意外に場所をとってしまう、年に数回しか使わないものや、思い出の子どもの作品、大量の本や着物に衣装など、利用したいと思うものは結構たくさんあるものです。ルームタイプをクローゼット代わりに利用している人も多く、衣装などはケースやハンガーラックなどを活用しタンスさながら、本においては本棚の設置によって傷まないように収納している場合も多いようです。ルームタイプでは24時間出し入れ自由のところが多いため、頻繁に利用するものであれば自宅や会社の近くを利用すると大変便利です。企業では、保管期間内の使わない書類やイベント用の道具などから、在庫商品の保管などにもルームタイプと屋内外のコンテナタイプを使い分けて利用しているケースが増えています。

しまって置く場所がない時はトランクルームを徹底活用

押し入れの奥にしまっておくようなものは大抵すぐに使わないものが多く、中にはもう使わないと思われるものもあります。捨てるには思い出がありすぎる品や、大量のアルバムなどもそのひとつです。また庭や物置の大半を占領するタイヤも、屋外で保管されているのをよく目にしますがこれは劣化を促し危険です。これらをごっそり保管してしまえば、そのスペースが別のスペースに生まれ変わるのです。料金は発生するものの、どちらが有効的かを考え利用することになれば、利用料金はタイプやスペース、また地域により異なるため、最適な利用方法を選ぶ必要があります。どのような地域でも必ず見かける収納スペースの看板、他社との比較や専用の保管ルームがあるかなどを調べてから利用するとよいでしょう。