トランクルームの活用方法のパターン

家のクローゼットにしまうのが大変な物、遠方で使いたい物などを、格安のトランクルームに契約をして保管する方法が賢いやり方として流行っています。今、そのような収納スペースが人気で、交通便が良い場所や駅の近くなどは予約待ち状況のところもあります。また、家族には触れてほしくないデリケートなコレクションや、秘密の物などをこっそり保管するにもとても良い場所とされています。中の空間は外から見た感じよりも広いので、一人で使いきれないという意見もあります。そのようなときは個人ではなく、数人で使用するパターンも増えており、シェアルームのように空間を仕切って使っているようです。使用する人数で毎月の使用料金を割り勘にすると、さらに格安です。湿度やカビ対策などを完備されているので安心して保管できる空間です。

誰にも見られたく無い物、触れてほしくない物

もし、細かい細工をしてるコレクションがあったら、ときどき見て触って楽しみたいですが、家族が掃除をするついでにそのコレクションに触ったために部品が壊れてしまうなどはどこの家庭でも起こります。また、こっそりしまっておきたいアイドルの写真、家族に内緒で買った高価なゴルフバッグなどはどこに保管しますか?このようなときに役に立つのがトランクルームなのです。ときどき中に入って写真を眺めたり、ゴルフに出かける前に立ち寄ってゴルフの道具を取りに行ったり、自分ひとりで楽しめるのが特徴です。一人だけの秘密の場所というのは心理的に結構大事なものなのです。小さいお子様がいらっしゃる家庭では、壊されては困る物のほかに、高級なコートなどの衣類を保管していたりします。汚い手で衣類を触られないよう、そのような手配をしてるのです。

数人でシェアできる空間スペース。有効活用できますよ。

自分の家から使用するたびにわざわざ運び出さないといけない大きい物ありますよね。例えばバンド活動で使うドラム、動画撮影で使うカメラなど。個人で使うというよりも、メンバー全体で使う物はたくさんあります。また、自分の家に置くと家の中が狭くなりますし、使用場所までが遠方ですと運ぶのが大変です。そのようなときにトランクルームを利用してる人が増えています。使用料はメンバー内で割り勘。とてもお得です。以前は、アパートや団地で収納スペースが少ない人が押入れ代わりに使用していましたが、最近は駅付近に設置場所が増えてきましたので、利用するのがメンバー同士だったり、シェアの利用が目立ってきています。毎週バーベキューやテニスなどを楽しむような社会人サークルでもカセットコンロやテーブル、ラケットなどを置くために合同で使用しています。